みんなの認知症情報学会ワークショップに参加しました。

2020年2月13日東京ビックサイトで開催中の東京ケアウィーク2020に行ってきました。

 

東京ケアウィーク2020の詳細はこちら→

http://caretex.jp/

会場全体の様子はこちら↓

   

私が参加させたもらったのは、
第3回 超高齢社会のまちづくり展の出展のひとつとして
みんなの認知症情報学会が主催されたワークショップでした。

「当事者視点の介護機器システム高度化に向けた事例紹介と
エビデンスづくりのワークショップ」

と題し、機器システムに重点をおいてグループワークが実施されました。
前回までに積み重ねられてきたワークショップでは当事者のニーズが集まっており、
そこから見えてきた課題を解決するために、こんな機器システムがあったら助かる、
嬉しい、など現場の声をグループ分けして、みんなで研究開発して欲しい項目を
議論していくスタイルでした。

ワークショップは盛況で、様々な職種・年齢の方々が参加されていました。
参加されていた方々は皆とても熱心で、高い志の方々だなあと改めて認識し、
みんなの認知症情報学会のキーワードでもある
『ごちゃまぜ』から、私自身もたくさんの刺激を頂いて帰ることが出来ました。

ありがとうございました。