『デザイン』に関する記事

複数の属性を比較するための可視化

(このブログが終わりそうな)空気を読まずに投稿します。個人的にはネタ的にも、気持ちの余裕的にもブログを書かない時期が続きましたが、最近になっていくつか書きたいことはあって、どう書くか考えているところです。まぁ今回はリハビリがてらの軽いネタです。

顧客アンケートのMA設問など、複数の属性をグループ間で比較したいことが良くあります。グループの特徴を読み取ることが目的です。
続きを読む...

“KJ法”と“U理論”と“場の論理”と

“U理論”と“KJ法”と

図1:U理論とKJ法(W型問題解決モデル)
U理論とKJ法は、手法・アプローチとしては異なる。また、U理論の「U」とKJ法W型問題解決の「W」(図1参照)、横軸は進む順序で同じだが、縦軸は意味が異なるので注意が必要。
しかし、本質的な部分で共通性がある(それぞれ別の角度から違う尺度で説明されたりはしているが)。両者のいくつかの共通点については下図の通り。
続きを読む...

主客一体で進める共創

4月にサービス学会第三回国内大会のグランドチャレンジワークショップで発表してきました。
2つのテーマの募集されており、そのうちのひとつが以下のような内容でした。

1. サービス開発(イノベーション)方法論
 サービス開発においては、ニーズ知識不要論(消費者は自分の望んでいることがわからない、または語れない)がある。一方、デザイナーの感性に依存した開発にも不確実性や非再現性への批判がある。
続きを読む...

UXとは何か、コトとは何か? 『デザインド・リアリティ ―半径300メートルの文化心理学』

デザインド・リアリティ ―半径300メートルの文化心理学
「UX」が、「UI」と何が違うのか、なぜ「UX!!」と注目されているのか、
以前は全くわからなかった。

そんなある日、『デザインド・リアリティ ―半径300メートルの文化心理学』をあらためて読んで、
「ノーマンがこんなところに出てくる」と思いつつ、
そして、「UX」について「ああ、そういうことか」「だから注目されているのか」と、
いろいろなことがつながった気がした。
続きを読む...

ソーシャル・イノベーション ~OpenLAB2014

ここ数か月で取り組んできたことを、そして今考えていることを、
みなさまに問おうという思いで、ソーシャル・イノベーションの発表をいたしました。
続きを読む...