自ら選べ!

経済学の世界にマッチング理論と言うのがある。よく取り上げられる例に、男女のマッチングがある。男女は、それぞれ、選好リストを持っている。好きな異性の順序リストである。男性から告白しても、女性から告白しても、いつかは安定状態に達することになるのだが、ここで単純でかつ大きな問題がある。社会のルールが男性から告白することになっている場合、社会のルールが女性から告白することになっている場合に比べて、男性は、自分自身が持つ選好リストのより上位の女性とマッチングする。逆に、社会のルールが女性から告白することになっている場合、社会のルールが男性から告白することになっている場合と比べて、女性は、自分自身が持つ選好リストのより上位の男性とマッチングする。このことは数学的に証明されているが、ここでは触れない。要するに、待つよりも、一歩前に出る方が自分にとって都合の良い結果が得られると言うことだ。また、どちらかの選好リストが小さくなるようなことが社会的に起これば、マッチングが安定状態に達するのに時間がかかる。女性が自立し、選好リストが小さくなったために晩婚化が起こると言う説明をした経済学者もいる。非常に単純なモデルだ。

世の中の課題は、もっと複雑なモデルでなければ解けないと言う意見もあるが、私はそう思わない。複雑に見える社会の問題も、しっかりとした根拠をもって、確実な因果関係が特定できれば、意外と単純なモデルで説明できるのではないかと思っている。問題は、複雑だ、できないと考えてしまうこと自体にあるのではないだろうか。確かに、社会で起こる問題は、因果関係を特定しにくい。例えば、ある人が次に取る行動を予測する、あるいは、その人はなぜそのような行動を取ったのか、明確に答えられるのは、その人自身のみだ。いや、その人自身の言うことも怪しい。そう考え始めると頭の中の情報の糸がぐるぐる縺れて、複雑で難解な問題に思えてくる。

我々は、課題を解く時、その課題を分解し、絞り込んでから、ひとつひとつ解いていくと言う知恵を持っている。何らかの仮定や条件を付与することで、それは簡単に実現できる。

その人を消費者と仮定する。その消費者はマーケットである商品と出会う。マーケットにある代替可能な商品をN種類仮定し、消費者は価格情報を持ち、CMによってのみ情報を得ると仮定する。そんないくつかの仮定を置くうちに、消費者行動予測は、消費者と商品の単なるマッチングであることに気付く。実に単純だ。消費者は、選好リストに応じて商品を選ぶ。各条件や仮定は、選好リストを並べ変えるためのパラメータにしか過ぎない。しかし、ここで、また、一つの大きな問題に気付く。消費者は選好リストを持っているが、商品は選好リストを持っていない。そして、消費者は、選好しているようで、そうではない。消費者に与えられた情報は、商品サイドからのものでしかない。実は、この状態では、消費者は「選ばされている」のだ。商品が人を選んでいるのだ。この状態でのマッチングは、商品サイド、すなわち企業サイドに有利に働く。

賢明な読者は、もう、お気づきかと思うが、進化した消費者は、自ら選ぶ道を選択しようとする。その方が自分にとって有利であることに気付いたからだ。消費者の持っている選好リストのパラメータ(選考基準のようなもの)は複雑になり、より厳しくなった。しかし、この状態は、前述したように、安定状態への道のりを遠くする。つまりは、多くの消費者に最短のマッチング安定を示唆できる商品、企業が生き残る。仮に、「生き残る」と言う言葉が正しいとすれば、当初仮定していた「完全競争市場」は、その時点では勝ち残った企業の「独占的競争市場」になっている可能性が高い(なぜなら、「完全競争市場」は利益が無くなるまで企業の参入が起こり、企業は最終的に退場する運命だから)。果たしてそのような予測が可能なのであろうか。

何も恐れることはない。そんなに難しいモデルにはならない。一見、複雑に見える事象でも実は単純なものだ。

ソシエタスから生まれるエージェントがこの問題をすっきりと単純化してくれる。やはり、大きな第一歩だ。

ミーム(meme)

ミーム(meme)と言うらしい。

事務作業で必要があって、ここ数週間の自分の取った記録を見るために手帳をパラパラ捲っていた。青いインクの乱れた文字で、「ミーム(meme)」と記されていた。確かに私の書いたものだ。頭ががんがんしてきた。神保町の餃子の会(単なる酒飲みの会のようでそうでもない・・・)の翌日、荒牧英治氏のツィッター関連の自然言語処理セミナーを受けながら手帳をめくっていた私は、その文字を宇宙人からのメッセージのように見ていた。何なんだ、先週の自分の言葉が、わからない、思い出せない・・・、ま、いっか、そう言うことはよくある。そして、また、忘却の途についた。

週末、仕事を終えようとした時、不意に遠慮がちな荒牧氏の言葉が脳裏に浮かんだ。「え~、品のない言葉ではありますが、ググレカス、という言葉がありまして・・・」その時、私の目の前には、はっきりと横軸に時間、縦軸に人を取ったツィッターの発言散布図が見えていた、グラフのタイトルは「ググレカス」だったはずが、いつの間にか、「ミーム」に変わっていた。ミーム、ミーム・・・途端に甘い刺激を伴った痺れのような感覚に包まれ、私はググっていた。

はっきり思い出した。けいはんな通信フェアで、ひさしぶりにATRを訪れた日のことだ。楽しさと懐かしさと苦さを織り交ぜた、若かったあの頃の思い出。戻ってきた、と言う実感があった。遠くもなく近くもない場所に今いる。そうだった、NICT所属のU氏と居酒屋で飲んだ・・・あの時か。

「心の遺伝子の話があったじゃないですか、あれって、ミームのことですよね?」ソシエタスの話をしていた私にU氏が問いかけた。「は?ミーム?」お恥ずかしいことに、初耳だった。「え、知らないんですか?」ええ、知りません!と言うことで、酔っ払って忘れないように手帳に書き記したのが、この乱れた文字だったと言うことだ。

恐る恐る検索結果のwikiを見た。随分、既知のことらしい。ミーム学なんてものもあるらしい。なるほど、大変なことだ。読んでいると、私の考えていることに近からず、遠からずのような気もする。ただ、それはwikiだけでは確認できない。

無知と言うのは素晴らしいことなのかも知れない。何も恐れるものはない。自分流でやればいい。一昨日、ググった時はそう思った。

縁とは不思議なものだ。昨日、妻がキャンプ用品の調達をしている間、暇つぶしに隣の本屋をうろついていて、一冊の本に出会ってしまった(本当は、経済か企業会計のおもしろそうな本を探していたのですが・・・)。「利己的な遺伝子」(リチャード・ド-キンス著、紀伊国屋書店訳本)。どうやら、30年も前に書かれた古典らしい。なぜ、君はそこにいる?不思議な気がした。本を手に取った時、愛おしい、何となくそんな予感がした。

と言うことで、今私はその本と付き合っている。

ソシエタスがミーム(meme)の類型なのかどうかは、まだ分からない。

オープンラボへの道 ~ジャックは早速。。。~

こんにちは。高椋です。
「オープンラボへの道 ~声のサンプル集めてます~」 に続く第2弾です。

この前集めた音声の印象について、社外の人に集まっていただき評価してもらいました。
集めた音声の中から日本語ネイティブではない人を除外した約140人分。

「ジャックは早速。。。」
「ジャックは早速。。。」
「ジャックは早速。。。」

全員が同じフレーズです。一人分を5~6回は繰り返します。一人1.5分として210分。

「ジャックは早速。。。」
「ジャックは早速。。。」
「ジャックは早速。。。」

こればっかり (^^;)

特徴ある人の声をバラバラに配置し、なるべく飽きないように順番を工夫。
男女の声を交互にすることで、直感で評価してもらうようにしました。
また回答にはマークシートを導入し、実施後の集計もバッチりです!

評価する方大変だろうな~
との心配をよそに、いざ始めてみると順調に進みました。
皆さんしっかり評価して下さいました。ありがとうございまいた。

<声の印象について回答中>
<声の印象について回答中>

評価者の方の音声も録音させて頂き、当日は無事終了!
あとは回答をスキャナで読み込み、自動集計させるだけです。
約1600枚の回答用紙をスキャナで読み込み帰宅。

後日読み込んだデータを集計してみると、
ん・・・?なんだかおかしい。
鉛筆の濃さがイマイチだったのか、認識できてないものがチラホラ。。。

仕方ない(T-T)
同じく音声チームの保田さんと二人で、サインペンで全回答を塗り直し。
半日かけて無事集計まで終わりました。

でもこのマークシートがなければ、全回答を手入力してたかと思うと
気が遠くなります。

ちなみに使用ソフトはこれ!なんと無料です!
Shared Questionnaire System(SQS) 
簡単にマークシートのデザインができて、普通紙に印刷。
回答後の結果をスキャナで読み込んで画像にし、
まとめて処理すると自動集計してくれます!感動です!

開発者の方々ありがとうございます!

<アンケート用紙>
<アンケート用紙>

というわけで、現在オープンラボに向け音響特徴量と印象の関係について分析中です!
さてその結果は!?

ちょっと気になるぞ!という人は、ぜひオープンラボに足をお運び下さい!