その向きは油断するとすぐに変わる。追い風は、明日の逆風。逆風は、明日の追い風。

大漁はどこにあるのか、漁師はいつも考えているに違いない。ただ、その答えはない。緩やかな凪の日、誰でも手掴みで魚が獲れる日、そんな日が年に何度かある。市場も同じだ。その時だけ投資すれば確実に儲かる。しかし、その選択には、勇気と多少の知恵がいる。小さな成功経験からは何も得られない。潮目はすぐに変化する。そして、風は気紛れだ。

一昨日、産総研のM氏と飲みながら話をしたときのこと、過去の話だが、あの時は小さく成功せずに大きく失敗して良かったね、と。大きな失敗は、希望に満ちた新しい明日を生む。小さな成功は不毛なジレンマに満ちた未来を生む。二者択一を迫られたら、私は迷わず前者を選ぶ。

素人のように発想し、仕事を成す時は玄人である(著名な研究者のK氏の言葉らしいものを少し変えた)。仕事を成す時は皆玄人、それは当然なのだ。そこに達していないものは問題外であると言う仮定で、では、その玄人は素人のように発想できるであろうか?玄人になったものは、無意識のうちに知らぬ間に素人の発想を失う。玄人が出発点に戻るのは至難の業だ。玄人は、素人であった頃の自分をいつの間にか忘れ、常に自分が正しいと感じて論理を展開する。確かに、それは美しい。

しかし、マーケットでは美しいものは生き残れない。論理の美は、市場で何の役にも立たない。策士、策に溺れると言う言葉があるが、強い論理性は市場での弱さの裏返しである。ロジカルなものほど市場の餌になる。インチキ抜きの相場師が相場を張る時、マスメディアからの論理的な、集計縮約的な情報を何も見ない。敢えて受け付けない。脈々と流れる生き物のような数値データの変化を見て感じ続けるのみだ。その動的な変化は、彼の心に刺激を、鼓動を与え、彼に「動け」と教えてくれる。

玄人集団にとって重要なことは1つだけだ。その集団に属する人すべてが、明快で論理的な価値観に流されないことだ。心と頭が常に素人である誰かが必要なのだ。

眼を瞑って獣になろう。獣になりきって感じる瞬間には、きっと耳の後ろから風が吹いて来る。

指に唾をつけて風にさらしてみるといい。君の指からゲームの行方が見えてくるはずだ。風向きはどっちだ?ゲームはどう転ぶ?

さて、はたして今、君に風が吹いているのか?

緩やかな風が耳の後ろを擽る、そう感じるなら、きっと君にも追い風が吹いている。君がそう感じたのならそうなのだ。その瞬間を何も疑うことはない。君の感覚は絶対だ、君は君を信じればいい。

しかし、機はすぐに去る。君にとって重要なのはスピードと動物的な直感だ。中長期の論理ではない。そんなものを咀嚼しなければならないとすれば、それはむしろ君、あるいは周辺環境の罪だ。もし、その心地よい緩やかな風が君の耳の後ろを擽っているのなら、少なくとも君がそう感じるのなら、論理とのシーソーで迷うことはない。君は草原を駆け抜ける獣なのだ。今しかない、そう思って走り始めればいい。全力で、ただ、感じたままに。

オープンラボへの道 ~隣の彼女の工作活動~

こんにちは。高椋です。
「オープンラボへの道」第3弾!

もうオープンラボは終わりましたが、
この写真は絶対載せたい!と思いブログを書きました。

オープンラボまで後10日ほどというある日、
「いいこと思いついた!」と目をキラキラさせた隣の彼女!

。。。2日後
何やら隣からこげた匂いが。。

ハンダで工作

こんなことになってました ”(^0^)”
斬新な彼女のアイディアにグループ一同興味深々。

で、数日後。。。

レコーダー

出来ましたー!!

この機械、音声を印象でクラスタリングしてできたクラスの代表的な声を録音して聞けるスグレモノです。
実は小学生向けの工作キットで作成しました。

紙コップスピーカーの部分で音量UP!
紙コップには見えないでしょ?

実はこの部分、オープンラボ当日の混雑した会場で、意外な活躍を見せてくれました。
コップに耳をあてれば声が聞こえる!
やるじゃないか!

なかなか楽しいオープンラボでした。

夢の続き

我々は(もしくは君たちは)、夢を持っていつも過ごしているのだろうか。夢を持って朝が始まっているのだろうか。夢を持って会社や集団に属しているのだろうか。先日、私が素晴らしいと思う弊社の仲間たちの多くが夢を感じられないと思って働いていると言う調査データを突き付けられた。小さな落胆はあったが、よく考えてみるとたいしたことではない。

夢派vs.現実派のように対立する概念が存在する集合体を単純なモデルで考えた場合、対立概念の均衡点を超えて力を得た概念が発信する情報伝達単位は、目先の状態では圧倒的優位に立つ局面に向かう可能性が強い。バランスが崩れると行き過ぎる、のである。しかし、不利な立場にある概念の情報伝達単位が絶滅することはない。当面の敗北が決定しても無くなりはしないのである。なぜなら、不利な立場にある概念の情報伝達単位の方が変化を好むからである。つまり、こういうことになる。優位な立場になった概念の情報伝達単位は、あまり進化しない。進化しなくても優位である時には変化したがらないものだからである。一方、競争上不利になった概念の情報伝達単位は進化する。変化しなければ絶滅してしまうからである。やがて変化は自然発生的な制御をもたらし、対立する概念は、適当な比率にバランスするように働き、力のバランスが等しくなったところで停滞した後、形勢が逆転し切り返す。そのうちに、不利であった概念の方が均衡点を超えて競争上圧倒的に優位な立場になる。このような行き過ぎと制御は、情報伝達単位の進化を伴って、際限なく繰り返される。繰り返されるうちにどちらの概念も進化により研ぎ澄まされていく。要するに、私が小さく落胆した静的な調査データは、その変化の過程の一瞬を見ているにしか過ぎないのである。

先日の弊社のシステム開発部のワークショップでのこと、夢について改めて考えさせられる場面があった。参加者が未来の工場の製品開発チームとして働いていると言う設定で、ドラえもんに出てくる数種類のツールから改良したいツールを選択してチームを作り、そのツールをさらに魅力的にするための製品企画を立てて、最後にチームでポスターを作ってプレゼンをし、投票によって優勝チームを決めると言うワークがあった。どれも夢のあるツールだったが、私は、理論上実現不可能だ、と言う理由で、迷わず「夢コントローラ」と言うツールを選んだ。なぜなら、夢をコントロールできるとすれば、それができたその瞬間、それは夢ではなくなってしまうからだ。どうやって実現するかは考えなくていい、と言う開発部らしくない前提条件があったので、アイデアはどんどん出た。「自分が寝ている間、時間が止まってくれないものか」利己的な私は(何と言っても、ソシエタス番号#4-1=自己中心的なアクティブ派なので)それが一番いいと考えたが、利己的なその意見は通らず、新製品のコンセプトは「皆で同じ夢を共有する」に決まった。なかなか素敵なアイデアだ、うん、悪くない、そう思った。しかし、我々のアイデアは見事に敗北した。ワークのゲームと言う意味で、優勝した「人の体の悪い部分を新しいものに着せかえられるカメラ」に敗北し、ロマンスと言う意味で、「あいあい傘に一人で入ると本当の自分の気持ちに気付き、やがてその傘は要らなくなる」と言うアイデアに敗北した。その敗北の意味は大きくはないが、何かうまく説明できない引っかかるものが心に残った。ともあれ、楽しめたことは確かだ。素晴らしいワークショップの企画をしたプロジェクトメンバー(全員が女性だった)に感謝したい。

さて、現実派の概念が競争優位に立ちそうな集合体の中で、この先、当面の間は夢派の概念の敗北色が強くなっていくのだろうか?現実派の概念が徐々に勢力を伸ばして、知らぬ間に夢派を取り囲んで行くのだろうか?

私はそうは思わない。夢派の概念の情報伝達単位の進化スピードによっては、変動を収斂する制御の強さを変えることができるし、切り返しのポイントを手前にずらすことも可能だ、と考えている。私が素晴らしいと信じている仲間たちの心の遺伝子は、すでに私が想像できる以上のポテンシャルを持っているからである。心の遺伝子は、動物学的な遺伝子とは違って、体の外に出て、進化を続けながら脳を媒体にして人から人へと伝わっていく。夢派の概念の情報伝達単位も多くの人の脳を渡り歩いて変化を繰り返し、進化を続けながら未来永劫生き続けるからである。そう言う意味では、多くの人と共有できた夢だけが生き延びることになる。夢を精度よく想像することで未来は変えられる。

つまり、夢違いではあるが(寝るときに見る夢ではない)、我々自身が夢コントローラそのものであり、我々の仕事は、進化し続ける優れた情報伝達単位を発信し続けることなのだ。そして、その仕事には終わりが無い。来年も10年後も100年後も、我々が消滅した後も終わらない。

とはいえ、来年が無ければ思い描く10年後もなければ未来もない。まずは、来年の夢の続きのために想像しよう。想像した夢の続きは、来年の今頃には現実になっていると信じて。