「現場でしかわからないことがある」


ある人にそう背中を押され、東北の被災地を訪れました。
阪神大震災と比べ、あまりの復興の遅さに愕然としました。

その場所に立ち、被災前の写真と今の景色を見比べると
圧倒的な現実の前にただただ見つめるのみでした。

生活する人がいなければ、経済を動かさなければ、街は生きていけません。
必要なことは何だろう…できることは何だろう…

ここに生活を取り戻すには、経済が活動する仕組みが必要だと感じました。
でもまだ自分に何ができるのかわかりません。

感じたことを伝えたい。
なのに、言葉や写真にした時点でただの情報になってしまいます。
カメラ越しに見た景色でさえ、もう現実とは程遠く・・・

何かを通すことでこんなに情報が落ちてしまうんだ

これも大きな気付きでした。
なので私もこの言葉を使わせてもらいたいと思います。

現場でしかわからないことがある

最後に、東北の魅力もぜひお伝えしたいと思います。
食べ物は何食べても美味しい、お酒も美味しい!
何だこの底知れぬポテンシャルは!!

感動です!
こちらも言葉では伝えきれません。
行った者だけが味わえる美味なのです。

東北で出会った人たちが
あったかくて、強くって、優しくって。
この出会いがまたこの体験を、一層素晴らしいものにしてくれました。
一度、現地でご賞味ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------
【ご紹介】
こちらのブログもぜひご一読下さい。
感じた何かが伝わると思います。
すべてが失われた街 ~マーケットのない世界~


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.