ひとりひとりにタブレット一台の時代


以前、テレビは一家に一台で、家族や近所の人も一緒にお茶の間でテレビを囲んでいた時代がありました。超人気番組が放映される時間には銭湯や街に人がいなくなる、と言われていたりしたのに、最近ではそれも様変わり。
テレビやHDにタイムシフト機能(自動的に1週間分のすべての番組を録画していて、後から見れる)がついたものも出ていて、どんな人がどの時間にどんな番組を見ているのかが、なかなか見えづらくなっているようです。

さらに「黒船」と呼ばれているのが、Netflix。今秋日本に入ってきます
ネット有料配信で、非常におもしろいドラマ等を制作・配信しているようで、米国では地上波・映画よりも、タブレットでNetflix制作・配信のドラマを見ているらしいです。
#あまりにも人気が高くNetflixのせいで回線が混雑するという問題もあるようです。

日本でもWOWOWが自主制作のドラマを作っていますが、以前集計したアンケート調査で「WOWOWのドラマは完成度が高い」と人気が高かったことを、私も実感しました。

有料配信だと、スポンサーがいらない。
ゆえに、スポンサーからのブレーキがかからない。
クレームを恐れずに、冒険できる(=無難なストーリーにならない)。
など、それゆえに、とがった(その結果おもしろい)番組を制作できるようです。
それが証拠に、全世界で大人気の、X-Gamesも、アメリカのテレビ局制作だそう。画面にとらわれないコンテンツも制作可能だということですね。

「テレビおもしろくないよねー」という、ちまたの声がどう変わっていくのか、そしてひとり一台タブレットで視聴の時代になると、それがどうなるのか。
今後の大きな流れに注目です。

#「最近、テレビおもしろくないよね」と言ってる人は「最近、テレビ東京おもしろいよね」と言ってる人と、同一人物だと思う。その上「ダイオウイカ」とか見て「NHKすごいなーやっぱり」とか言ってそう。

参考:TBSラジオ「たまむすび」 映画評論家・町山智浩のコーナー


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.