“重心”と“インパクト”と“ドライブ”と ~Road to OpenLAB2014


日曜日、あるプラクティス後の振り返りとして、

Key Factorは、

  1. 相手(ターゲット)の重心を見極めて自身の重心を当てること
    ※相手が複数人の時はそれを一体とした重心
    ※戦略的にズラすことは後からでもいい
  2. そこにインパクトをつけて当てること
  3. インパクト後も強い姿勢を維持してドライブし続けること
  4. その実践を工夫すること

だという話をした。

あらためて、思い返すと、
これはビジネス・ソリューションに対しても、R&Dに対しても、OpenLABのソーシャル・イノベーション発表やワークショップに対しても、全く同じことだなと。

そして、その「重心」とは、表面的な能力・スキルの重心ではなくて、
「志の重心」なんだと思いながら、東京開催まで後10日。


This entry was posted in その他, イベント, ソーシャル・イノベーション. Bookmark the permalink.