米国の良心


残念ながら、ノーベル言語学賞と言うのはないらしい。ノーム・チョムスキー。言語学の歴史の中では革命児であり、最も大きな存在なのだが、表題の言葉でピンと来るぐらい、どちらかと言うとアメリカおろしの過激な発言で知られる男である。彼に言わせると、人間は生まれながらにして生成文法を持っているそうだ。「文法は、文を弱生成し、構造記述を強生成する」~何のことかさっぱりわからないが、噛み砕いて言えば、学校で習ったような文法なんか重要ではない、句構造規則を記述することこそが重要なのだ、と言うことなのだろう。前者は表層を規定し、後者は文構造を規定する。私自身も変形生成文法の説明に現れる木を美しいと思って手でなぞった時期もある。人工知能的なアプローチとの融合で、自動翻訳システムの試作を試みていた時期もある。言ってみれば、世の中の流行だった。時代を追いかけたのである。当然のことながら、そんな試みがうまくいくはずもなく、次第に彼の名前は、この世界では薄れて行った。そんな中で、徐々に台頭してきたのが、隠れマルコフモデルに代表される、統計的確率的アプローチである。やはり、そこにも嵌った。統計確率しかないだろう、と断言した時期もあった。しかし、私は断言したことをすぐに撤回する名人である。今になって思うと、結局流行を追っかけたのではないかと。最近、また、テキストマイニング技術が必要になることが多くて、採用しているのはやはり統計的確率的なアプローチなのだが、それにも限界を感じる。

どんなアプローチをすれば人間らしい対話を獲得できるのか、その道は近そうで遠い。言語学なのか、確率なのか、そんなものは実現さえできればどっちでもいいが、人間は話すとき殆ど無意識である。知識を自動的に獲得するのは、無意識を表現するのに妥当な方法なのだろう。

話は逸れるが、古い言語学者にグリムと言う人がいる。グリム童話のグリムである。また、絵画や小説の世界にも、カットアップやフォールドインと言う技法があって、これらは、機械的な方法で、意外で新鮮なフレーズや印象を生み出そうと言う試みである。小説家では、バタイユやバロウズが愛用した方法でもある。自然言語を何らかの方法で論理的に説明したり、機械的に利用したりしようとすることは、何も頭の固い学者だけの特権ではない。芸術やそれに伴って生まれる付加価値ともしっかりリンクしている。

私は、行動予測能力を持った、感じのいいキャラを作りたいと思っている。自然に話せて、楽しくて、想像力に溢れていて、また仕事をお願いしたくなる、社長やマネージャなら社員として雇いたくなるようなキャラだ。そんなキャラを少しでも早く世の中に送り出すことが我々の使命なのだ。


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.