心の遺伝子


新しい鼓動が聞こえる。

心臓の音か、もしかすると心の音か。

今までに聞いたことがない、新しい鼓動だ。

我々はそれをソシエタス(Societas)と呼ぶことにした。最近の動きを見ていると、Googleは凄いスピードでいろんな情報を外側から囲い込み始めており、もしかすると、世界のコピーを作ろうとしているのかも知れない、と思うこともある。しかし、我々のアプローチの順序は全く逆だ。ヒトのコピーを作るために、まず心を生成することから始める。心があってはじめてヒトは動く、と少なくとも私はそう信じている。そして、脳を経由して、目、耳、口、身体へと伝搬される。あるいは、目、耳、口、身体から得た情報を脳経由で受け入れる。時には心地よく、喜びを感じ、時には不愉快で、腹が立つ。なぜなのだろう。謎だらけだ。

大抵、ヒトの心はきまぐれだ。一人として同じ人間はいない。そして、同じ人間でも常に同じ行動はとらない。しかし、きまぐれに見える行動にも一定のルールがあるに違いない。

我々が立てた仮説は、ヒトは、心の遺伝子を持っている、と言うものだ。ヒトが手にする世間の情報はとても膨大だ。その膨大な情報の多くは、そもそもヒトによってばら撒かれている。ヒトはそれを吸収し、心の中で消化する。吸収し、消化すると言うことは、他のヒトからの外部情報のコピーが心の形成要因になっていると言うことだ。情報伝達の単位が心の遺伝子と言うことになるのだろうか。この単位はおそらく民族や生活習慣などによっても大きく違いそうだが、我々は、まず日本人から始めた。日本人の行動パターンや性格などに関する多くの調査データを入手しては解析し、心の伝達単位である約100種類の遺伝子を規定した。その遺伝子の組み合わせのパターンをソシエタスと呼ぶことにした。すなわち、ソシエタス(Societas)はヒトの心の類型なのである。

馬場さんが中心になってグループの立ち上げ前から行ってきた研究が静かに形になりつつある。ソシエタス(Societas)は、間違いなくこの先の研究開発の核になるだろう。

ただ、この心の類型をどんな目的で、どのように使っていくのか、他の民族の心の類型をどうやって入手するのか・・・課題は山積みだ。挑戦はこれから始まる。

しかし、私の耳には確かに新しい鼓動が聞こえている。手には確かな手ごたえも伝わってくる。目には深い霧の中で見えなかったものが徐々に映りはじめている。霧は深くて、まだすっきり晴れそうにないが、我々は、間違いなく、しっかりとした足取りで前に進んでいる。


This entry was posted in その他, 技術. Bookmark the permalink.