寓話


ある日、あるところで、流れ者の二人の研究者が出会った。一人は勤勉で本をよく読み、瞑想した。瞑想した後、本を書いた。他の一人は全く本を読まなかったし、書かなかった。ただ瞑想しプログラムを書いた。前者を「学者」と呼び、後者を「プログラマ」と呼ぶことにしよう。

二人が出会ってしばらく経ったある日、学者は、プログラマに尋ねた。「本を読まなければ、他の人の考えが分からない。本を書かなければ、自分の考えを伝えることができない。あなたの考えが他の人とどう違うのか、あなたが何を考えているのか、誰にもわからない。あなたはそれで平気なのですか?」

プログラマが答えた。「私の研究テーマは、プログラムを書き、そのプログラムの修正箇所が無くなった時点で終わっている。私がプログラムを書くのは、自分の考えを確かめるためだから」

学者は、プログラマの事が知りたくなった。だが、学者はプログラムを書いたことがなかった。そもそも勤勉だった学者は本からプログラミングを学び、必死でプログラマの書いたプログラムを解読しようとした。慣れない作業のために多くの時間を費やしたが、それでも、以前と同様に本を読み続け、瞑想しては本を書いた。

学者にお構いなしに、プログラマは、瞑想しては、プログラムを書き続けた。

それでも、対照的な二人の間には不思議な共有感が生まれていた。

そして、長い月日が流れ、二人に別れの日がやって来た。

学者は西に向かい、プログラマは東に向かうことになった。

分かれ際に学者が言った。「私は、あなたのプログラムを必死になって読んだ。ここにいる間の大半の時間をあなたのプログラムの解読のために費やした。そして、いろんな本を読み、あなたのプログラムに応用できないか、足りない部分はないかを考えた。しかし、あなたのプログラムは、私の知る限りの本に書かれていることがすべて試されていた。そればかりではなく、実にあなたらしいエッセンスが盛り込まれていた・・・でも、私の努力が徒労に終わったわけではない。あなたのおかげで、至って単純で大切なことが分かった。」

「それは何ですか?」プログラマが尋ねると、学者が答えた。

「本には、答えはのっていない、ということです。」

「それは良かった。では、あなたに読む必要のない本を差し上げましょう」プログラマは、本を渡した。それは、学者が解読しきれなかったプログラムの解説書だった。「私もあなたのおかげで少しだけ変わったのかな。」プログラマは照れ臭そうに笑った。

「ありがとう。読む必要がないと言われると読みたくなりますが、読まずに考えます。答えは、私の中にしかないですから。」そう言うと学者は、その本を高く掲げて手を振った。指の先から、プログラマの存在そのものが静かに伝わって来た。そして、くるりと背を向け、西に向かって去って行った。


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.