ゴールドラッシュ!


ゴールドラッシュ???

へぇ~と言う感じだが、今年は、金環日食、金星の太陽面通過、金星食と3つも珍しい天文現象を見ることが出来て、ゴールドラッシュと呼ばれているそうだ。おそらく、タイムリーな話題から連想すると、タイトルを見てその話かな~と思った人も多いかも知れない。しかし、その話題に全く興味がない私は、その期待を裏切って全く違う話をしたいと思う。

ゴールドと言うのは不思議な魅力を感じる色だ。情熱的でもある。金メダルを思い浮かべれば、何だかスポーティーでクリーンなイメージを連想するが、例えば、金バッチ、金満主義、のように、人間の欲得を揶揄するような悪いイメージもある。今日もあるメンバー所有のスマートフォンのカバーの色に批判が集まっていた(金色にすごい刺繍の柄だった、品がない?)。だが、過去も現在も、そして未来も、多くの人間が金の魅力に心を奪われてしまう現実は変わらないのだろう。

当グループの経済学勉強会で、あまりにくだらないと思って、しなかった話だが、金本位体制によって世界の為替が成り立っていた時代もあった。金本位体制は、金一定量と貨幣を交換することを中央銀行が約束する、と言う制度だが、実は、この金本位体制には、一応調整機能があった。当然、各国によって為替レートが違うので、裁定取引によって為替レートが高くなった国に金が移動する。そこで、その国の中央銀行が金融緩和を行い、流通する貨幣供給量を増やせば、物価が上昇し、自国通貨が下落し、調整メカニズムが働くはずだった。しかし、金保有量までしか緩和ができないと言う「足かせ」とインフレを恐れたために、現実的には、殆ど緩和は行われなかったらしい。

金を悪いイメージで捉えるのは簡単だが、やはり、金から連想するイメージは魅力的だ。取りあえず、何だかんだ言っても金色のものは売れる。私も金色は好きだ。何となく気が引けるので、あまり身に着けはしないが。銀色にしとくかな、とか思ってしまう。

私の世代だけかも知れないが、教科書に「金の窓」と言う童話が載っていた。ある少年が山の向こうの金の窓がある家を「いいな~金持ちの家なんだな」と毎日見続けていて、ある日、意を決してそこまで行くと、金の窓なんかなくて、窓から家族の笑い声や夕飯の匂いがもれてくるどこにでもあるような庶民的な優しさのある家で、金の窓は夕陽のせいだったと言うような話だったと思う。この少年にとっての金色は、きっと家族の温もりになったに違いない。少年は心に大きな財産を得たのではないだろうか。私にとっての一番の金色は、少年野球の監督をしていた頃、「いっしょにとったやろ」と言って少年たちが私の首にかけてくれた金色だ。思い出すのは、土草や汗の匂い、光、涙、怒号、笑顔、そんなものばかりだが、元気が出るし、美しい。

ラッシュまでは要らないが、たまには金色もいいものだ。


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.