ぶれないpart2


随分昔の話になる。25年も前のことだ。当時、某研究所勤務から一時的に戻された私は、ある組合の情報システムのコンサルティング業務を任され、当時はそれなりに有名だったコンサルティングファームの壮年コンサルタントと仕事をすることになった。年は私とふたまわり以上も違うし、そもそものポテンシャルも高そうだ。私は彼から吸収できることを全部学んでやろうと考えていた。その彼は、ことあるごとに「あるべき姿」と言う言葉を使った。あんまり乱用するので、最初は耳につかなかった言葉がだんだん耳につき始めた。だいたい「あるべき姿」って何なんだろう?そんなもの本当にあんのか?と考え始めた。

組合の委員長は、すごい甘党だった。副委員長はすごい辛党で酒飲みだった。昼は、委員長のケーキ屋のハシゴに付き合い、夜は副委員長の居酒屋のハシゴに付き合った。それが私の仕事の殆どだった。壮年コンサルタントも時々ケーキ屋のハシゴには付き合ったが、居酒屋にはいかなかった。酒を飲まなかったからではない。そう言う仕事のスタイルだったのだ。たぶん、いつもストイックに「あるべき姿」を探しているんだろう、と私は思った。

二人に付き合っていて、あることに気付いた。ケーキ屋に付き合った部下は、誰も本当のことを言わなかった。居酒屋に付き合った部下は、本当のことを言った。委員長の考え方はトップダウンで、副委員長の考え方はボトムアップだった。当然、仲が悪い。委員長のアイデアはとても合理的だった。副委員長のアイデアは、一見、発散気味の何かまとまりのない考え方だった。壮年コンサルタントのアイデアは、委員長のアイデアに近いものだった。このままだと失敗するな、と思った。壮年コンサルタントの「あるべき姿」は単なる政策論的なアイデアに過ぎないと感じたからだ。

私は、委員長を傷つけないように気を付けながら、正直に現状を報告し、現場はあほじゃない、副委員長のアイデアは現場の声をまとめ切れずにいるからだけで、これをうまくまとめるのが委員長の仕事だと訴えた。そう、現場は、自己の利益を最大化するように行動しているのです・・・全体最適化されていないだけで、知の集結、それが、今ある姿なのです・・・結果的に、私はこの仕事から降ろされた^-^;若いと言うことは、多くの失敗をするものだ。

気になりだすと、ずっと考えてしまう性質なので、本当に「あるべき姿」なんかあるのか、某研究所勤務に戻った後も頭の隅っこでずっと考えていた。あるような気もするし、ないような気もする。結論はなかなか出なかった。

その答えがようやく結論に近づいたのは、ある相場師の弟子になった時だった。高い、安いで論理的に考えるな、安く買ったものを高く売ると言う考えを捨てろ、すべては強いと弱いしかない、強いものにつけ、目の前にある現実のみを信じろ、と教えられた。要するに、相場には「あるべき価格」など存在しないと言うことだ。「あるべき価格」を創出するには、政策的に行うしかない。「姿」を「価格」に置き換えた瞬間、私の中で何かがはじけた。

もうひとつある。不動産鑑定理論の中の鑑定評価値として求める価格が、「あるべき価格」なのか、「ある価格」なのか、長いこと論争が繰り広げられた。不動産は一般的に流通性や代替性に乏しく株や債券などの相場を持たないなどの特性から、求めるのは「あるべき価格」なのではないかと言われてきた。しかしながら、長い間の論争の結果、鑑定評価値として求める価格は「ある価格」であると言うことで、決着がついた。不動産ですら、「あるべき価格」なんかないのである。

ようやく、私の中での長い心の論争にも決着がついた。すっきりしたのは、ほんの数年前のことだ。「あるべき姿」なんかない。「ある姿」を求めるべきなのだ。絶対とは言いきれないが、おそらく、この考えは今後もぶれないだろう。今でも、「あるべき姿」を口にするコンサルタントとは肌が合わない。


This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.