「世界価値観データベースに基づく世界消費者の把握」シンポジウム開催のお知らせ


2016年10月18日(火)大阪にて、「次年度の人工知能学会 近未来チャレンジセッションへの参加求む!サバイバル 世界価値観データベースに基づく世界消費者の把握」と題するシンポジウムを開催します。

このシンポジウムは、6月に行われたJSAI2016の近未来チャレンジセッション「世界価値観データベースに基づく世界消費者の把握」にて発表された内容をダイジェストで聴講いただけるプログラムです。

JSAI2016のセッションでは、グローバル価値観や国際マーケティングをキーワードに様々な分野からの発表があり、サバイバル選考審査の結果、第1回目のサバイバル成功が決定しました。

本シンポジウムは、これらの有益な知見を広く一般の皆さまにも聴講いただける数少ない機会となっていますので是非ご参考ください。また、次年度以降、本テーマで発表頂ける方も広く募っておりますので、これらの活動にご賛同いただける方のご参加もお待ちしています。


■ 概要

日時:2016年10月18日(火)13:00 ~16:30(受付開始 12:30~)
場所:大阪市中央公会堂 3F小集会室 (住所:大阪市北区中之島1丁目1番27号)
大阪市中央公会堂のサンクンガーデン(館の南側)の階段を降り、地下1階の左手(西入口)からお入り頂き、エレベーターで3Fにお越しください。
定員:90名
参加費:無料

■ 詳細・お申し込み(参加無料)

こちらの参加申し込みフォームよりお申込みください。
http://jsai.docling.dk/#home

■ プログラム

12:30~ 開場・受付
12:55~13:00 開会挨拶
13:00~14:00 基調講演
「ビッグデータからの確率的ユーザーモデリング〜価値共創のための人工知能技術〜」
 本村陽一(産業技術総合研究所 人工知能研究センター副研究センター長)

14:10~14:40
「価値観ベースの異文化マーケティングの課題と将来展望」
 加納史子(コペンハーゲンビジネススクール 准教授)

14:40~15:10
「空間的依存性を考慮したネットワークエンベディング手法の提案」
 大知正直(東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻)

15:20~15:50
「調査データの回答バイアスの補正方法としての係留寸描法の有効性」
 高橋雄介(京都大学大学院教育学研究科)

15:50~16:20
「複数データのマッピングによるシニア価値観分析の試み」
 齋藤有紀子(シナジーマーケティング株式会社)

16:20~16:30 閉会挨拶

■ お問い合わせ

「世界価値観データベースに基づく世界消費者の把握」シンポジウム実行委員会
(シナジーマーケティング株式会社 データマーケティング部内)
電話:06-4797-2909 E-mail:press@synergy101.jp



This entry was posted in NEWS. Bookmark the permalink.