【オープンラボ2014!】「社会知ネットワークver1.0」、堂々登場!


「オープンラボ2014」の目玉は、なんと言っても「社会知ネットワーク」です。
社会知ネットワークは、弊社内でもこれまで長きにわたって研究してきた重要テーマであり、昨年から複数のイベントで紹介して参りました。そしてその最初の正式バージョン「ver1.0」は、ついに今年のオープンラボで満を持してリリースします!

この記事では、まず弊社が社会知ネットワークの研究を始めた背景から、「社会知ネットワークとは何か?」ということを簡単にご説明します。
シナジーマーケティングは、「日本を元気にする」という大きなビジョンに向かってCRM(顧客関係管理)関連の活動をしております。特に中小企業の皆様に使いやすいCRMを提供して、全てのステークホルダーが一緒に元気になれればと強く思っております。
良いCRMにするために消費者行動予測の研究を進めて参りましたが、最初から高精度のものを目指すとなれば、大企業しか使えない高価の「贅沢品」になってしまいます。
我々の研究成果を中小企業の皆様に届けるためには、もっと別の仕組みが必要なのだと考えました。

そこで他社と相互利用ができるデータ、つまり「社会知」をみんなが持ち寄って、一緒に消費者行動予測の精度を上げていこうじゃないか、と思ったわけです。
これが社会知ネットワークというものを開発する動機となりました。

とはいえ、ただデータベースを並べても有意義な社会知が実現できませんので、同じ見方の元でデータを整理、統合していく必要がありました。その需要に応えるべく、私たちは始めにSocietas(ソシエタス)という枠組みを作りました。これは日本人の基本的なライフスタイルや価値観を定義し、そこから人間を12タイプに分類したものです。その後の研究ではこの価値観という見方で様々なデータを整理して参りました。

mkn1
(注:過去のデモの画像です。)

Societas、価値観をハブにして、確率推論アルゴリズムを用いて、色々なデータをつなげることができました。
例えば、お客様の購買履歴から、計算によって付与された価値観が分かり、そのSocietas類型が推論できます。さらにそこからその人の住まいに関する価値観といったものを推論することもできます。
このように、社会知ネットワークは、価値観をハブにして異なる業界の行動をつなげるフレームです。
これは決して「魔法」ではなく、様々な調査やお客様の課題解決を通じて蓄積された膨大なデータベースと、そのデータをベイジアンネットワーク(※1)などの確立した方法論でモデル化した研究開発と技術力の賜物なのです。

※1 個々の変数の関係を「条件付き確率」で表す確率推論のモデル。複雑な因果関係の推論をグラフ構造により表すことができる。もっと知りたい方は、こちらの記事も併せてご参照ください。

mkn2
(注:過去のデモの画像です。)

上記のプロセスを経て、みんなが持ち寄ったデータは、やっとみんなが使える知識になります。
マーケティングにおいては、前述の例示のように、今まで分からないものが分かるようになり、マーケターが自分の課題解決に使えるツールとなります。

「社会知ネットワーク」を一言で表すと、それらの社会知としてのモデルを蓄積するための「入れ物」であり、全体の「プラットフォーム」、つまり社会知の「インフラ」です。
中小企業をはじめとした無数の組織のユーザー、すなわち市場を拡げるためには、プラットフォームを公開し弊社(一社)のみでカバーできない領域を他の組織と共創していくことを思い描いております。

社会知ネットワークについては、弊社はこれまでも昨年のオープンラボ2013や今年3月の「第98回行動計量シンポジウム」で紹介しております。
当時のデモは、ダミーに近いプロトタイプを使用しました。
今年のオープンラボになってはじめて、計算機システムとして実装した中身のある「本物」の社会知ネットワーク、つまり「社会知ネットワークver1.0」をリリースする準備が整いました。
弊社においても、マーケティングの世界においても、大きな一歩を踏み出すのだとひしひしと実感し、われながら感慨無量です。

mkn3

ぜひ来場者の皆様にその興奮を共有し研究成果を理解していただきたく、オープンラボ2014では、一定のシナリオに沿って社会知ネットワークを実演的に説明するプログラムと、実際に操作をしていただきシステムを体感していただくデモをご用意しております。
また、社会知ネットワークの雄大なる将来を魅せるための展示も実施する予定です。

近年、「ビッグデータ」というキーワードが多くの分野で注目されているように、膨大な情報から自己発生的に知識や知恵が生まれると期待している人が多いです。
社会知ネットワークの活用こそが、弊社が目指す理想のマーケティング・コミュニケーションの実現への確かな歩みなのです。

どうぞオープンラボ2014に足を運ばれ、社会知ネットワークver1.0を見て、触って、その技術力と可能性を体感してください。
そこにマーケティングの将来をかすかにでも見出していただくことができれば、我々として無上の喜びを感じます。

 皆様のご来場をお待ちしております!

<併せて読みたい関連ブログ記事>
【オープンラボ2014!】最先端マーケティングのご紹介
【オープンラボ2014!】新しい研究領域「ソーシャル・イノベーション」

-----------------------------------------------------------------------------------------
オープンラボ2014:http://lab.synergy-marketing.co.jp/openlab2014/
<東京会場>
場所:産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館(バイオ・IT融合研究科)11階会議室
日時:2014年11月15日(土)13:00~18:30 ※受付:13:00-18:00
参加費:無料 ※事前の参加申込みが必要です。
共催:サービス工学コンソーシアム

<大阪会場>
場所:グランフロント大阪 タワーB 10階カンファレンスルーム
日時:2014年11月21日(金)14:00~18:30 ※受付:13:30-18:00
参加費:無料 ※事前の参加申込みが必要です。


This entry was posted in イベント. Bookmark the permalink.