西尾 義英 の記事

複数の属性を比較するための可視化

(このブログが終わりそうな)空気を読まずに投稿します。個人的にはネタ的にも、気持ちの余裕的にもブログを書かない時期が続きましたが、最近になっていくつか書きたいことはあって、どう書くか考えているところです。まぁ今回はリハビリがてらの軽いネタです。

顧客アンケートのMA設問など、複数の属性をグループ間で比較したいことが良くあります。グループの特徴を読み取ることが目的です。
続きを読む...

消費者モデルを評価するとは

最近の気づきについて書こうと思います。

私たちは「消費者行動予測」の技術を研究しています。これはマーケティングにおけるさまざまなコミュニケーションを最適化するためのもので、消費者を理解しそれに合わせたメッセージの設計を可能にするものであります。消費者理解についてはこれまでにSocietasという消費者の価値観構造とその類型化の枠組みを提案しています。
続きを読む...

SQLにおける時間の分割と移動

データマイニングのためや、もっと単純な集計でも良いのですが、月や年で区切って集計するということがしばしば必要となります。今回はSQLでの実現方法について書きたいと思います。

ただし、単純にgroup byするという話ではありません。ここではある期間・区間において(以下区間とは1か月間や1年間などの集計単位、期間とは過去5年分など集計範囲を指すことにします)

事象の発生回数(例:購買回数)
その期間、正確には期間中のある時点、における状態(例:年齢や顧客ランク)
数値の合計(例:売り上げ合計)

といったものを計算することを考えます。
続きを読む...

データからの社会的価値創出

「2014年11月15日の東京でのオープンラボについてレポート書いてよ」と言われながら、早くも2週間が過ぎてしまいました。11月末に参加した研究会から刺激をいただいたこともあり、遅くなりましたが報告したいと思います。(その研究会のことはまた改めて)

東京でのオープンラボは産総研のサービス工学コンソーシアム、データ活用プラットフォーム研究会との共催で行いました。
続きを読む...

イベント告知:2014/8/29 データ活用ビジネスモデルコンテスト

このところブログをさぼっておりました。久しぶりの投稿です。
今回は告知をさせてください。

過去の投稿、研究会を振り返ってや第98回行動計量シンポジウム レポートで触れていた研究会ですが、今年度も産総研のサービス工学コンソーシアム配下のデータ活用プラットフォーム研究会として活動を続けております。

データ活用プラットフォーム研究会では、研究会外部に公開する初のイベントを今月末の8/29(金)に開催することになりました。
続きを読む...