藤井 絵美子 の記事

ひとりひとりにタブレット一台の時代

以前、テレビは一家に一台で、家族や近所の人も一緒にお茶の間でテレビを囲んでいた時代がありました。超人気番組が放映される時間には銭湯や街に人がいなくなる、と言われていたりしたのに、最近ではそれも様変わり。
テレビやHDにタイムシフト機能(自動的に1週間分のすべての番組を録画していて、後から見れる)がついたものも出ていて、どんな人がどの時間にどんな番組を見ているのかが、なかなか見えづらくなっているようです。
続きを読む...

行動計量学会 春の合宿 2日目

行動計量学会 春の合宿 2日目です。午前と午後でそれぞれ2つセッションがありました。
続きを読む...

行動計量学会 春の合宿セミナー ~1日目~

寒くてそぼ降る雨の中、2015年3月7・8日東大駒場キャンパスにて「行動計量学会 春の合宿セミナー」が開催されました。
非常に勉強になりました。少しでもみなさんに還元したいので、つたない感想ですが、書き記します。
3月7日(土)
【基調講演】行動計量学と統計的機械学習:-Deep Learning による深層表現学習を中心に-
麻生英樹先生(産業技術総合研究所)
機械学習のモチベーションとは、非明示的知識の実装。
続きを読む...

データから何を見るのか。ソーシャルグッドなデータ分析

ビッグデータ。その単語から何となく世間でイメージされるのは「いままで取得できなかったデータが手に入れば、さまざまな課題への仮説と解決策が提示される」ということではないでしょうか。そんなデータ・ドリブン(データありき)の考え方もあるけれど、基本的に私は課題ありきだと考えています。
まずは課題を可視化すること。そしてそれを他の人に伝わるように知らせること。データはあくまで裏付けでしかありません。
続きを読む...

これが、あの土佐日記。

先日、上野の国立博物館で行われていた「日本国宝展」に行ってきました。展示物が全部国宝。右も左もあれもそれも国宝。土偶やら、地獄を書いた絵やら、刀やら、掛け軸、襖絵、仏像、いろいろありましたが全部国宝。古いものはやはり古都奈良のものが多く、関西在住者としての誇りを再認識しておりました。

さまざまな展示物の中に、あの「土佐日記」も展示してありました(正しくは「土左日記」らしい)。
続きを読む...