歐陽 宇亮 の記事

性のお話、Genderのお話

東京の大学院時代、私はある高名なジェンダー研究・女性学の社会学者の先生に師事していました。
だからってわけではありませんが、私自身もジェンダーに対して高い意識を持とうと努力しています。
人々のコミュニケーションを考えると、ジェンダーは無視できない要素だと思います。

前に藤井さんからジェンダーについて書いたら?と言われたことを思い出して、ちょうど先日和田さんが「男性脳」「女性脳」などの話をしていたので、ちょっと便乗してジェンダーについて書こうかなって思いました。
続きを読む...

【精神分析の視座から】「喋るスマートフォンは『ヘンタイ』でなきゃ面白くない!」続編

先日は↓の記事で、

喋るスマートフォンは「ヘンタイ」でなきゃ面白くない!

情緒的なお喋りをするスマートフォンの新機能「emopa(エモパー)」byシャープの紹介を通して、より人間的に進化する人工知能とオタク文化、とりわけ「萌え」との高い親和性についてお話しました。
今回はその続編として、さらに精神分析の観点からオタクと「萌え」、そして人工知能が可能にする「バーチャル人間」との関係性を明らかにしたいと思います。
続きを読む...

【オープンラボ2014!】「社会知ネットワークver1.0」、堂々登場!

「オープンラボ2014」の目玉は、なんと言っても「社会知ネットワーク」です。
社会知ネットワークは、弊社内でもこれまで長きにわたって研究してきた重要テーマであり、昨年から複数のイベントで紹介して参りました。そしてその最初の正式バージョン「ver1.0」は、ついに今年のオープンラボで満を持してリリースします!

この記事では、まず弊社が社会知ネットワークの研究を始めた背景から、「社会知ネットワークとは何か?」ということを簡単にご説明します。
続きを読む...

【オープンラボ2014!】新しい研究領域「ソーシャル・イノベーション」

11月に開催される「オープンラボ2014」のご紹介、第二弾です。
今回は弊社でも新しい研究領域、「ソーシャル・イノベーション」についてご紹介します。

言葉通り、ソーシャル・イノベーションとは社会的革新という意味です。
弊社においては、社会的課題への取り組みを通して、「自分らしく豊かに暮らせる社会」の実現を目指しています。

今までマーケティング一筋の弊社が、どうしてソーシャル・イノベーションを始めたのか?
多くの方はそう思われるかもしれません。
続きを読む...

喋るスマートフォンは「ヘンタイ」でなきゃ面白くない!

今月、シャープは話しかけてくれるスマートフォンの新機能「emopa(エモパー)」の開発を明らかにしました。emopaとは「Emotional Partner」を略した造語で、スマホユーザーの生活シーンに合わせて、ユーザーの「気持ちに寄り添ったメッセージを音声や画面表示でお知らせしてくれる」という技術のようです。
具体的に言うと、スマホを置いたり振ったりすると、ユーザーの状況を読んで喋る人工知能のことです。
続きを読む...