意識は無意識を変えるのか?

 高椋さんが興味深い質問をした。私の描いた無意識と意識の絵を見ながら、意識をすることによって無意識は変化するのではないかと言ったのだ。私は、意識は無意識に逆流しない、と答えた。
 その答えは彼女の仮説を否定しているかのようでもあるし、以前に「摩訶般若波羅蜜多を単純に読めば大いなる智慧の完成だが、般若とは無意識の使い方、無意識から不要なものを即座に捨てるための智慧だ」と言った自分の言葉とも矛盾するように思える。メンタルトレーニング、イメージトレーニングなんかできない、と言っているようにも聞こえる。
 「意識は無意識に逆流しない」というのは、色々考えぬいた末に私の中で生まれた信念、証明不能の自身の仮説である。意識を無意識に変えるための効率的な方法は、意識を空にして、書く、声を出す、体を動かす、のように一度色に変換してやり直す。瞑想やイメージトレーニングも同じこと、声を出す、体を動かすイメージをもう一つの識がこなしてくれる。そのための媒体の一つが言葉に過ぎない。
 そう、意識には使わなくなってしまったもう一つの意識の空洞、ぼやけた空間がある。異次元空間に浮いた城。その城が人の心だとすると、その城への他者の侵入を防ぐための巨大な迷路が無意識で、迷路を何とかすり抜けてたどり着いた頂上にガラス張りの部屋のような閾のないとても小さな空間がある。それが多分意識の世界だ。あってもなくても何とかなる謎の空間だ。
 私は仮説の証明はできないと言った。それなら大いなるナゾナゾを残そう。仮説を説明するためのメタファーと言ってもいいかもしれない。 

 『意識は無意識を変えるのか?』

 もしそう聞かれたら、意識は無意識に逆流しない、としか答えられないということだ。

色即是空、空即是色
空とは意識の箱、意識の空洞
意識を空にして、色との疎通をよくする
意識が空であるとき、一番よい効率で取捨選択された色が流れ込み
極めて小さいその空洞は最も美しい色で満たされる
無意識の荒野には意識の空洞を狙って様々な色がその結界を超えようと
目詰まりせんばかりに隊列をなして待っている
詰まっていた奴らが流れ込んだ瞬間、ひらめいたと我が意識する
意識の空洞には言の葉に包まれた色が表象され浮かんでいる
まるでそれは論理の万華鏡だ
万華鏡のような空間が
極めて小さな空洞を小さな論理を大きく見せている

マクスウェルの悪魔は存在しない
エントロピーは増大するのみ 不可逆 一方通行
じゃあ、なぜ人は言葉を持ったの?
異次元の素朴な疑問は
万華鏡の空洞の中をこだまする
色即是空、空即是色
海は泳ぐ、山が歩く
その感覚
私は泳がず歩かず思わず
私は確かにいない
幼い言の葉の舞うもう一つの空洞で山が歩き
幼い言の葉の流れるもう一つの空洞で海が泳ぐ
私が泳ぎ私が歩いている意識の世界
何故の答えは空にしかない

私に幼い子供の頃の記憶はない
目の前を流れるような意識はあったかもしれないが
その頃の自分は時間を空間的にとらえる意識はなかった
主観的に私を感じる自分はいなかった
今の私の意識を作ったのは外部にある他者の多くの私の主観だ
私は私の主観を色である他者の多くの主観から客観的に学んだ
その色が私を作った、だから私がいる
色即是空、空即是色
私がいて自分がいる
私も自分もいない
色と空が同じでしかない色と空がある

花火

 昨日の雨は酷かった。山梨から高速道路を走って関西に戻ったが、ずっと土砂降りの凄まじい雨だった。これだけ走れば、どっかが降っていてもどっかは止んでいるものだが、こんな日は珍しい。関西に近付くと「阪神‐広島戦」のナイター中継がラジオから流れてきた。やってるの?信じられないこの雨の中。何度も中断して、結局試合終了は翌日になったようだ。
 ようやく暑さが落ち着いたというか、昨日あたりから肌寒ささえ感じる。しかし、この夏は地震とか台風とか酷いことが多すぎた。我が家も前回の台風で微小ながら屋根に被害があった。今月初めに函館で数年ぶりにバーのマスターと再会して、戻って来たらすぐに台風、次は北海道で地震と大規模停電。一歩先は何が起こるか分からない。
 3週間ほど前、前々回の台風が過ぎ去った後、大峯奥馳道を歩いた。まだ台風の影響が残っていたのか風が強かった。大峰寺の参道でも石碑が倒れ参拝道が倒れた木でふさがれていたが、山上ヶ岳から先の南の女人結界門に向かう道でかなりの大木が登山道を潰すように倒れていた。悲しいというより怖い。道を塞がないでくれ、と台風には言えない。噴火しないでくれと山には言えない。歩きたくても歩けないそんな日もあるだろう。

 自分ではどうしようもない不安があって、不安を消すために自然に身を任せようと意識すればするほど小さな不安は消え去らず増大していくものだ。人の意識は、中心が不安になるように最初から組み込まれているのかもしれない。不安に満ちた将来を予測してしまうのは、過去の経験を引き出し、意識という空間の中で時間を処理できる「私」がいるからだろう。例えそれが「今までに経験したことがない」事例であってもリスクを回避するために不安を類推しようとする意識の切なさ。確かに思えば本当に暑い夏だったし、本当に災害の多い夏だった。もう、こんな暑くて酷い夏はこりごりだ。そう感じるのは「私」だけではないだろう。「私」を作って来た多くの「私」の悲鳴が聞こえるようだ。
 夏が終わって「私」の意識は流れるように連想する。「夏の終わりに見たいもの」の一つに花火があるだろう。もう、花火のシーズンも終わりだ、「私」は「私」の馬鹿げた連想を否定しようとした。ところが、その意識の否定を一通のリマインドのメールが止めた。「以前タクシーに乗っていただいた、つくばタクシードライバーです。土浦の花火大会が10月最初の土曜日に開催される報告です」メールは素朴でいたってシンプルな内容だった。その言葉は、なんの飾りもない。いや、飾りなんか何も要らない。
 「山高きが故に貴からず、というでしょ、山低きが故に卑しからず、ですよ」という素敵な言葉がよみがえってきた。その言葉をくれたタクシーの運転手からだった。土浦の花火、リマインドするって言っていたけど本当にちゃんとリマインドしてくれた。そして再びあの日の記憶が無意識の奥底から蘇ってきた。世の中捨てたもんじゃない。こういう人もいるんだ。苦しみ不安を抱えながら生きている「私」は、消えない不安の中で暖かい熱を伴った小さな光を見たような気がして少しだけ幸せな気分になる。
 山高きが故に貴からず、山低きが故に卑しからず、そして花火。
 山、タクシー、夏の終わり、秋、花火、職人、火、光、音、豪快、華麗。「自分」の無意識から「私」の意識の中に駆け上がってくる言葉のイメージの連環は終わらない。
 花火職人が腕を競う美しい火と光と音の祭典。気になる人は行って実際に見てみるのもありだろう。

 土浦の花火の情報

 美しいものは簡単には見ることができないところにある。

夏服を買ってもらえ!

 暑い、連日うだるような暑さ。この暑さはまだ始まったばかりなんだろう、嫌になってくる。夕方になり外でゴロゴロと雷が鳴り始めた、雨が来るな、雨はこの暑さを少しは和らげてくれるのだろうか、いや期待できないな。先週の連休もあまりの暑さに八ヶ岳連峰の山に逃げたが、下界がこれだけ暑いと2000やそこら登ったところで暑いもんは暑いし、夏山は羽虫がブンブンと五月蠅い。追い打ちをかけるように新しい彼女は小石を食らったぐらいで入院してしまった。金のかかる女だ。いろんな意味でうっとおしい思いが充満していて、今にも夕立が来そうなじめっとした暑さの中、私はじんわりと汗をかきながら、不意に暑くなる前に冬服を着たままで私と別れた前の彼女のことを思い出していた。

 昨年の冬になる前、分かれ話を切り出した私に、冬服を買ってくれ、もう半年、夏が来るまで頑張るからと言った。そして私は彼女のための冬服を買い、彼女が来ていた夏服を捨てた。それから色んな山に連れて行った、いや、連れて行ってもらった。大峰山系に6回、大山に3回、剣山に2回、石鎚山、伊吹山、鹿児島までしか一緒に行けなかった屋久島の宮之浦岳、恵那山に2回、木曽駒ケ岳、立山、ブログにも書いた富士山、そして日が暮れても歩く羽目になった白山。いよいよ終わりがやってきたとき、私は迷わず空木岳を選んだ。恵那山周回12時間コースをやった翌日木曽駒ケ岳に登って、その翌日ピストン日帰りで登る予定だったが、2日の山行でボロボロになっている足と残雪の空木岳の山行時間と登山口までの悪路を考慮し一度は断念した空木岳。この山が彼女の最期にふさわしい、と思った。
 週末に大阪オフィスで来客の会議を終えた後、夕方駒ケ根インターに向けて出発した。駒ケ根インターに着いたのは夜中だった。真っ暗の中、悪路で有名な空木岳の登山口、林道終点(私が行った翌週、この林道は通行止めになった)に向かった。舗装もされておらずガタガタの細い道は、岩や木がごろごろ落ちている、途中で太い木を踏んで彼女が大きく跳ねた。大丈夫か、服は破れなかったか、少し心配したが大丈夫のようだった。酒を飲んで(なんの酒だったかもう忘れてしまったが二日酔いになるぐらい飲んだみたいだ)仮眠を取り、朝の5時半過ぎに彼女をおいて山行を開始した。
 歩き出しの体調は最悪、山頂まで6時間超えのロングコースに耐えられるかというスタートだったが、登るにつれ調子は上向いてきた。歩きながら、この半年ちょっとのことを思い出し振りかえっていた。喉元から熱いものがぐいっと込み上がって来て、眼窩を押して目尻にそれが伝わってくる。最期の別れの時に弱音を吐くわけにはいかない、これで本当に最期なんだ、そんな思いが胸を締め付ける。そうして前に進んだ。空木平避難小屋の手前の分岐で視界が開け、避難小屋を通らない道を残雪を踏んでしばらく歩くとすぐに巨大な駒石群が見え始る。その駒石群を抜け駒峰ヒュッテという小屋まで来ると正面に山頂が顔を出していた。山頂を視界にとらえた私は、足の疲労を無視し小屋で休憩も取らずに、千畳敷の残雪を横目に一気に山頂まで登った。息を切らしながら登り詰めた山頂からの景色は最高だった。しばらく座ってずっと遠く木曽駒ケ岳の方を見ていた。霧がかかっては抜ける、霧がかかっては抜けるを繰り返す木曽駒ケ岳方面に続く道に魅了された。早めの昼食を取り一服して名残惜しく立ち上がった時、傍に座っていた単独行の女性が、最高ですね、ずっと降りたくない感じ、楽しみにしてたんです、と私に向かって言った。そうですね、また来ればいい、山は逃げない、山に選ばれたら降りてもついてくるから、私は笑った。自分にそう言い聞かせていた。

 下りは視界が林にさえぎられるまで飛ばさず彼女との最期を噛みしめるように歩いた。彼女を登山口にフェリーターミナルにバスターミナルに置きながらいつも山では一緒に歩いていた。彼女がいたから山に登れる。山の中でも彼女はいつもすぐそばにいた。
 登山口まで降りると彼女は笑顔で出迎えてくれた。顔を洗いタオルで顔をふきシャツを替えると、最後に彼女の記念撮影をした。さあ、帰るか、キーを回しながら言った私の言葉に彼女が答えてくれるみたいにブオンと唸った。

 あの時、まだ彼女は冬服のままだった。ちゃんと夏服を買ってもらえよ、そう私はつぶやいた。