シナジーマーケティング研究開発グループオープンラボ2012
マーケティングとコミュニケーションに大臣機と喜びをもたらすテクノロジー

企業のマーケティング担当者様、­研究者様・技術者様、大学関係者様を対象とした、マーケティングサイエンス・コミュニケーションマイニングに 関連した最新技術研究の公開と特別講演を開催します。

イベントは終了しました。レポートをご覧ください。

ご挨拶

シナジーマーケティング株式会社システム開発部研究開発グループは、人が社会の一員として、驚きと喜びを共感できるような、幸せな未来社会の実現に少しでも貢献したいと考えております。そのために私たちにできることは、マーケティングサイエンスやコミュニケーションマイニングに関連する技術の研究開発であるという信念を持って、日々努力を続けております。

そんな中で、駆け出しの若い研究グループがめげずに成長し続けるための糧とし、同じ方向を目指す他の研究機関の方々や社会の方々の意見を拝借する場にしていきたいという思いから、第1回目のオープンラボを開催することにいたしました。

招待講演に産業総合研究所サービス工学研究センター副研究センター長の本村陽一氏をお迎えし、弊社代表の谷井による基調講演もご用意しております。

その他、マーケティングサイエンス、コミュニケーションマイニング関連のポスター発表やデモなども多数ご用意する予定です。
お越しになられた折は、ぜひお楽しみください。また、至らない所に対する助言を頂ければ幸いです。

シナジーマーケティング株式会社 システム開発部 研究開発グループ マネージャー 谷田泰郎

プログラム

12:30〜16:30
受付
A会場
13:00〜13:05
開会のご挨拶
13:05〜13:20
幸せな消費を実現するためのマーケティングコミュニケーションのあり方
シナジーマーケティング株式会社 代表取締役社長兼CEO 谷井等
14:30〜15:45
サービス現場における行動履歴系ビッグデータ活用技術
産業総合研究所サービス工学研究センター 副研究センター長 本村陽一氏
B会場
13:20〜17:00
ポスターセッション

<マーケティングサイエンス> <コミュニケーションマイニング>
ソシエタス~嗜好の本質を探る~
ソシエタスとはヒトをライフスタイル、価値観、感情、行動で類型化したもの。
価値観データと行動履歴を融合して得た集合知を社会知として各企業に還元する試みを紹介。

ニューロマーケティングに基づく広告の効果測定
CMを見ながらEEGを使って脳活動を測定し、どの部分に反応したかを発表。

「おいしい」つぶやき追いかけます
twitter上のデータから話題を抽出し、その遷移を追う。

SNSデータの価値観モデルへの適用
価値観モデルを用いて、話題遷移から得られた類型を元に消費者属性の推定を行う。

顧客の感情をデザインするマーケティングUX
消費コミュニケーションにUXを取り入れたマーケティングの提案。

マーケティングデータの把握におけるビジュアライゼーションの効用
マーケティング活動におけるデータビジュアライゼーションの重要性を探る。
今回の発表では、数値データの見せ方を工夫することで、どれだけその特徴を掴めるようになるかを検証する。

Topicモデルによる検索精度の向上
従来の情報検索は、基本的に単語の一致性のみを考慮しており、意味の類似性は考慮されていない。その解決のため、情報検索にTopicモデルを利用し、より「心地良い」検索の実現を目指す。

声の印象ってどこから来るの?~音響特徴量が印象に与える影響~
人の印象の40%近くは、声によるものだと言われている。この印象はどこからくるのか。音声を分析し、クラスタリングすることでその一端を紐解く。

「おいしい」画像を探します~複数の特徴を利用した類似画像検索~
写真に抱くイメージは人それぞれで、見る人の個性が強く表れる。
コンピュータで写真の特徴を捉え、分類することで、人の個性に迫る。

シナジーマーケティング セミナールーム
17:00〜18:30
懇親会(軽食をご用意いたします)
※5F会場から直通のエレベーターはございませんので、一度1Fに降りて頂き13-22F用(高層階行き)のエレベーターで21Fまでお越しください。

※プログラム内容は変更になる場合がございますので予めご了承ください。

日時

2012年12月7日(金) 13:00〜17:00(受付12:30〜16:30)

参加費

無料

会場

堂島アバンザ5­­F貸し会議室

アクセス

大阪市北区堂島1-6-20
・JR「大阪駅」より徒歩8分
・阪神「梅田駅」より徒歩5分 ・JR東西線「北新地駅」より徒歩3分
・地下鉄四つ橋線「西梅田駅」より徒歩2分



大きな地図で見る

イベントは終了しました。レポートをご覧ください。