2018年度人工知能学会全国大会も大盛況!

報告が遅くなりましたが、今年も記録ラッシュです。

参加者2572名(速報値)、発表件数(765件)とスポンサー(68社)は過去最多を記録したそうです。凄いですね。
この上昇傾向、止まりません。

会場は、鹿児島市の城山観光ホテル。
小高い丘の上から桜島がよく見えます。

 

☜この通り残念ながら、梅雨時期…天候に恵まれず山頂は雲に覆われたまま…クリアに見ることは出来ませんでした。

 

ホテルに到着し、とりあえず受付から済まして・・・と、運営スタッフさんは皆お揃いのロゴマーク入りのTシャツに身を包んでいるし(識別しやすかった)、冊子には持ち歩けるロゴマーク入り手提げバックとミニ団扇が付属していました(これ以外と重要)。

 

☜ホテル入り口の看板。ロゴマークは赤い飴玉をモチーフにしたものだそうです。

 

受付は人と熱気にあふれ、人工知能の好景気の波を感じました。

今回は、自身の近未来チャレンジでの発表もありましたが・・・もうひとつの目的がありました。それは” [近未来チャレンジセッション] NFC-2 卒業②:認知症の人の情動理解基盤技術とコミュニケーション支援への応用”の聴講です。

このチャレンジでは、超高齢社会のなかで避けては通れない認知症という社会課題に対して、5年前から着目し取り組まれたという視点の鋭さはもちろんなのですが、様々な分野の人との協力や共同のもとプロジェクトを完走したというエネルギーの強さが素晴らしいと感じました。

また、近未来チャレンジにとどまらず情報処理学会では高齢社会デザイン研究会の運営をされたり、みんなの認知症情報学会を新たに立ち上げるなどの活動を同時にされており、ヒト・モノ・コトを引き寄せて社会課題に取り組み、情報を発信していくことが重要なのだと感じました。

昨年以上にスポンサー展示の会場は盛況で、多様な会社様が参加されとても華やかで活気にあふれていました。各セッションの発表会場でも、立ち見や部屋の外にまで人があふれ熱心に聴講されており、世の中の人が持つ人工知能に対する期待感が満ち溢れており、また各分野の研究者や企業人が持っている熱気もいまだ冷めそうにありません。人工知能を上手に乗りこなし、波に飲み込まれない事も大切だと実感した日々でした。