にんにく、ごろごろステーキ

暑い、何だろう、この暑さは。年々夏になると感じる、このしんどさ。
こういう時は、食べるに限る。精力をつけなければ、この夏を越えられない。

ウナギは高いなー、ということでステーキハウスに行った。やっぱ、赤身かーそう思いながらメニューを見ていると、おっ、にんにく、ごろごろ、おーこの語感、なんという心地の良い語感なんだ。人は、こいういう言葉に弱い。私も一緒だ。たぶん、それ見た瞬間、脳の報酬系がワクワクしている。注文を取りに来たウェイトレスに、にんにくゴロゴロステーキ下さいというと、申し訳なさそうに、品切れなんです、と言われた。え、時間は、日曜日の11時半、にんにくがないスケーキ屋なんかあんのか、信じられない・・・私の思考は停止した。停止して赤身に戻るしかなかった。しばらく、呆然としていると、私の1席離れた家族連れのお父さんが私と同じ目に合っていた、そして、ぶつぶつ文句を言っていた、ステーキ屋なのに・・・何で信じられない・・・そうだよ、その気持ちわかるよぉ。

やはり、ガツンと来るものが食べたい、あっさりしたもんなんか食ってられるか、と思いつつ、血圧を測っている。悪玉コレストロールも問題らしいが。お医者様の顔が思い浮かぶ、塩分控えて、適度な運動して、酒も煙草もできればやめなさい、そーだよな、そーだよな、でもどれも無理かも。適度な運動はしようと思った。でも、それするのにがっつり食べないとダメだろ、体力つけないとねー、血圧上がりそうだけど、いーだろ。
最近、サボることも多いが血圧を測っている。私の血圧は、上が170mmHG、下が120mmHG、大げさではなくそんなもんだ。ちょっとまずいらしい。
哺乳類の血圧はだいたい同じで、平均100mmHGだという。ただ、有名な奴で倍の200mmHGある動物がいる。わかるよね、キリンさんです。首長いもん。心臓から脳に血液を上げるためにはそれぐらいのポンプ力がいるということか。だけど、お辞儀して首を垂れるときにはちゃんとそれを止めるための仕組みも生まれつき持っている。脳の毛細血管が破裂しちゃうと困るからね。とりあえず、私は、少なくとも、キリン並みではなさそうだ。上は大して変わらないけど。

ご飯食べると急に血圧は下がる。眠くなる。胃が活動するから。私も、その時ばかりは、正常値に戻る。眠いから頭は回らなくなる。だけど、血圧は下がる。医者はご飯食べると正確に測れないというが、あらゆる条件を除外したデフォルト値を決めて、汎用的に比較分析したいだけだ。何の1on1にもなっていない。サービス悪いね。私の血管の太さとか耐久性とか調べろよ。もしかすると、血圧高い奴は、頭使うのに燃費悪いから、それを防ぐためのセーフティー機能とかあるかもしれないじゃん。でも、きっと、言われるだろうね、そんなもの人間にはないです、って。こんな屁理屈をまともに信じないでね。血圧が高い人はちゃんと受診しましょうね。

ま、とりあえず、頭使ってるんだよ、燃費が悪いんだよ、という言いわけをしながら、私は自分の日常を変えない。たぶん、馬鹿だ。何の利得もない。いや、正確にいうと、利得があるからそうしてるんだろう。たぶん、気分がいいといいことだ。報酬系の部位ががんがん光っているに違いない、きっとそうだ。

やっぱり、夏は、雷ゴロゴロじゃなくて、にんにくごろごろステーキだよね。
精力つけて冬の倍の仕事をこなそう!
長生きの神様もきっとアホが好きだろうなって思うよ。